薬剤師の悩み

現役薬剤師がご案内します。

薬局薬剤師の役割

on 2014年12月25日

yakuzaishi

薬局薬剤師の役割は,従来の「医薬品の調剤・提供者」から,「患者ケアの提供者」へと変化し,薬局の果たす機能は拡大してきています。

軽疾患についてはOTC薬を用いたセルフメディケーションが推進されていますし,予防接種実施などの疾病予防や血液検査によるスクリーニング,高血圧,糖尿病や喘息などの慢性疾患管理プログラム実施まで,さまざまな試みがなされています。

世界では,薬局における糖尿病患者さんへの介入研究だけでも20以上実施されています。対照群を置いて実施したRCTも10以上あり,HbA1cは0.5~2%程度改善することが報告されています。

ここでは,薬局での糖尿病患者への介入研究として有名な米国とオーストラリアにおける試みのほか,英国とカナダの状況について紹介します。

<続く>


Comments are closed.